(株)河合楽器製作所が関連子会社だった(株)ディアパソン及びメルヘン楽器株式会社の吸収合併を検討すると発表しました。

ピアノ技術者であった大橋幡岩氏により昭和23年創業のディアパソンは『日本のベヒシュタイン』とも呼ばれることも。
昭和58年にカワイ楽器傘下に入った後も別ラインで生産され、根強いファンが多いことでも知られます。
設計やブランドなどは維持してほしいですね。

ニュースリリース
連結子会社の合併及び当社による連結子会社の合併に向けた検討開始について(PDF 188KB)