タグ: 住野よる

小説『君の膵臓をたべたい』を読み始めた

およそ高校生らしくない会話に違和感を覚えながらも、最後は…