結局ロジクールのBluetoothキーボードK380を買ってしまった。只今、超久しぶりのJISキーボードに悪戦苦闘中。

打ち心地は非常に良い。

コンパクトに見えますが、キートップの配置スペースは Magic Keyboard と殆ど変わらない。ボタンの間隔が狭く感じてしまうのは丸デザインのボタンのせい?

やっぱりUSキーボードは美しい

矢印キーを最下段に詰め込んでいるので、それでなくてもぎゅうぎゅう詰めのJISキーボード、コピペのショートカットキーが打ち辛い。

USとのキー配置の違いは、慣れるしか無い。使い方がわからないボタンが3つほど有る(無変換ボタンって何?)

スペースキー両端の英数かなキーはやっぱり邪魔。

日本語特有の「」とかが打ちやすい。

caps lockのLEDランプがないので、作動状況が目視できない。

3台のデバイスが登録できてワンタッチで切り替えが可能。

左手テンキー復活でマウス操作がしやすくなる。

思ったよりも重量がある。テンキー付きApple Magic Keyboardより明らかに重い。

iPadへの入力、やっぱり物理キーは超便利ですね。

古い機種なので安価ですが、同価格帯の中華製品と比べると、品質は非常に良いと思われます。

Amazon
ロジクール ワイヤレスキーボード 無線 キーボード K380