ピアノ内部に輪ゴムなどの天然ゴム製品を落としたら、至急調律師へ連絡してくださいね。

img_0318

一見落ちているだけのようにも見えますが、これもうピンセットなどで取ることがでません。天然ゴムが劣化し、下の響板のニスとくっついて一体化してしまっています。取るにはピアノ線を取り外し、張り付いた輪ゴムを削り落とし、最悪、響板のニスの塗り直しが必要な場合もあります。

たかが輪ゴムぐらいと思わないで、思わぬ出費になってしまいますよ。