先日古いヤマハのドロップアクションの調整をご依頼頂いたお客様のピアノ、鍵盤蓋に金属で引っかいたような傷がたくさん入っていました。できれば修理して欲しいとのこと。

いつもなら業者に依頼するのですが、今回の場合、古いヴィンテージクラスのピアノ。蓋だけピカピカになるのも変ですし、以前からピアノのエイジング塗装に興味があったので、勉強を兼ねて私が修理することに。

難しいのは、長年の紫外線によって色褪せが生じており、各面の色合いが微妙に違っていること。数種類の塗料で色あわせ。

修理前の状態を撮影するのを忘れてしまったので比べることができないのですが、下の画像が修理後の状態です。

IMG_1836

2つに分かれている部分の上側が塗装修理した面。手前の『YAMAHA』のロゴのある面がオリジナルの塗装状態。どうです?痩せた感じでてます?良い感じの傷はあえて埋めずに残しています。我ながら上手くできてビックリ。

数種類の塗料やエアガン、刷毛を試したり、よい勉強になりました。