現在使用中のテーマ Nordic – Retina Responsive WordPress Theme も、残念ながら日本語だと見栄えがよく有りません。組み合わせを探しに探して結局、アルファベットを Google Fonts から Roboto に、日本語は M+Fonts の M+ 1p Thin で。

以下、参考までに。

tff からwoff 及び eot への変換は、フリーソフトの WOFFコンバータ(Win, Mac) を使用しました。

CSS の最初に(テーマ Nordic のCSSは、nordic/assets/css/style.css になります)

@import url(https://fonts.googleapis.com/css?family=Roboto:100);
 
/* IE */
@font-face {
font-family:mplus-1p-thin;
src: url(https://*****/mplus-1p-thin.eot);
}
/* Firefox, Opera, Safari */
@font-face {
font-family:mplus-1p-thin;
src: url(https://*****/mplus-1p-thin.woff) format("woff"),
     url(https://*****/mplus-1p-thin.ttf) format("truetype");
     }

body {
	position: relative;
}

body, a, h1, h2, h3, h4, h5, h6 {
	font-family: 'Roboto', mplus-1p-thin, sans-serif;
}

以下、自分への覚え書き。

メインメニューのフォントカラーを黒に

101行目

#header ul.main_menu li > a, h5.widget-title, h5.section-title, .short-title {
	letter-spacing: 3px;
	text-transform: uppercase;
	font-size: 13px;
	color: #000000;

サブメニューのフォントカラーを白に。

152行目

.#header ul.main_menu li .sub-menu li a {
white-space: nowrap;
font-size: 12px;
color: #ffffff;
text-transform: none;
}