作詞:喜多條忠 作曲/編曲:穂口雄右 ミキマニアの間では名曲中の名曲との誉れ高いこの曲ですが、当時中学生の私がこの歌詞の意味を全く理解出来なかった事、今となれば懐かしい思い出です。 当時ランちゃんスーちゃんに比べるとアイドル的な人気ではやや控えめだったミキちゃんですが、最近になって見直される機会が多くなってきたような気がします。『昭和の歌の上手い女性歌手と言えば?PART2』というランキングではブッチギリの1位のようですね。時代がやっとミキちゃんに追いついてきたという事でしょうか。 私?投票しましたよ、ミキちゃんと奈保子ちゃんに1票ずつね。 (資料のUP主様へこの場を借りてお礼申し上げます) ]]>