クリプトン・フューチャー・メディアは、1鍵あたり1,200サンプル、「皇帝」の名を冠した史上最大のグランドピアノBösendorfer『IMPERIAL』を使用した音源「VIENNA IMPERIAL」(VIENNA社)を発売した。

VSL社が誇る特設レコーディングスタジオ「サイレントステージ」にBösendorfer Imperial 290-755を迎え、CEUS(自動演奏機能)テクノロジーを駆使して、1鍵あたり1,200サンプルを収録。2ヶ月間に渡り正確かつ綿密にピアノをサンプリングしている。

CEUSテクノロジーとは、マイクロプロセッサーと高精細光学センサーによって鍵盤の動きを記録するテクノロジーです。CEUSテクノロジーは、ハンマーが弦にストライクする寸前(わずか0.15mm手前)のベロシティでさえも記録します。記録された鍵盤の動きは、鍵盤の下に設置されたソレノイドによって完全に同じように演奏することが可能です。

価格:オープン(市場予想価格94,500円前後)
制作元:VIENNA
収録メディア:DVD-ROM 6枚組、CD/CD-ROM 1枚
リリース時期:2009年7月
対応OS:Windows XP / Vista32bit / Vista64bit / Windows7 / MacOS X 10.5以降(10.4非対応)

VI VIENNA IMPERIAL / STANDARDの詳細はこちら