午後から暇だったので、久しぶりに自分の調律を測定してみた。


で、グラフにしてみたのが下の画像(初めてExcelのグラフ機能使ったw)。解りやすいようにKey番号は『ラ』の音にしてみました。ちなみに使用楽器は我が家のDIAPASON 183E(小型グランドピアノ)です。A3(鍵盤番号37番、220Hz)、を基準にしています。

ご覧のように高音部に行くにしたがって高めになる傾向にあり、低音部へ行くにしたがって低めになっている事がよく解ると思います。最高音の『ド』で、機械チューナーのそれよりも約32〜33cents(1centは半音の1/100)高く合わせてちょうど良いぐらいでした。

良い勉強になりました 😆