1本張りピアノ線の交換修理。何度も断線を繰り返し、その都度修理されていたようですが。。。

ピアノ線はとても硬いので加工はとても難しいのですが、グランドピアノの場合は屋根を開けるとユーザーも状態を見る事が出ますので、これはちょっと酷いです。ワイヤーの番手(太さ)もメチャクチャでした。これではいくら調律しても良い音にはなりません。
見るも無残な状態。

番手を調べて、適切なピアノ線をカットして使用します。ちなみにピアノ線はこのような状態で送られてきます。
新しいピアノ線。

カットしたピアノ線の先端部分を、今回はオリジナルに合わせ、ヒッチピンへ2周巻で『玉』を作ります。
オリジナルに合わせてヒッチピンへ2周巻で玉を作ります。

出来上がった『玉』をヒッチピンへ引っ掛けます。
出来上がった玉をヒッチピンへ引っ掛けます。

チューニングピンへ丁度3周巻くように長さを測ってカットします。
チューニングピンへ丁度3周巻くように長さを測ってカットします。

コイルの密着に注意しながらチューニングピンへ巻き付けていきます。
コイルの密着に注意しながらチューニングピンへ巻き付けていきます。

完成。
完成。