かつて、数えきれないぐらいのブランドがあった日本製ピアノも今や風前の灯。


今はもう製造されていないブランドの中に、名器と呼ばれたものも少なく有りません。

そんなピアノをお持ちの方は、どうか大事に保存してあげてください。名器達は決して優等生では有りません。とても気難しい一面も持っていますので、定期的なメンテナンスが必要です。日本製ピアノの歴史を残しましょう。

photo1