ランちゃんの声の後ろのユニゾンは、ランちゃんのソロを重ねているのか、それとも3人のユニゾンなのか判別が付きにくいですね。詳しい方がいらっしゃったら教えてください。もしも3人のユニゾンだとしたらその美しさは世界一かもしれませんね。 ユニゾンってハーモニー(ユニゾンもハーモニー(和音)の1種なんですけれどここでは分けて書きます)と比べると簡単そうに思われますが実はそうではなく、音の出始めから終わりまでを正確に合わせる事はもちろんですが、そこへ歌詞(言葉)が付いてくるのでそれぞれの発音やイントネーション、感情までシンクロしなければ美しいユニゾンコーラスとはなりません。キャンディーズの3人は、それぞれ特徴的な声の持ち主なのですが、この頃になるとそれぞれがそれぞれに合わせるような歌い方も出来て、いったい誰の声なのか解らなくなる事もしばしば。3人の声が一つのサウンドと化すユニゾンコーラス。歌を聴くだけで3人の意思疎通コミニュケーションが万全であった事を伺い知る事が出来ます。 作詞/作曲:J.Lennon & P.McCartney う、美しい。ここでもキャンディーズは女性目線。歌詞の『Her』を『He』に置き換えて歌っていますね。下がオリジナル。聴き比べてみてください。 The Beatles – Here, There and Everywhere Here, There and Everywhere 歌詞&和訳 (資料のUP主様へこの場を借りてお礼申し上げます) ]]>