作詞:森雪之丞 作曲:西村コージ (↑蔵2での音源ではありません。最後のMCに注目) 今では当たり前のステージと客席が一体になる様は当時の大人から見れば眉をひそめるほどだったかもしれませんね。面白いのはノリノリとは裏腹にキャンディーズが客席へ向かって敬語で話している事。今だったら『お前らノってるか!!』なんでしょうけどお金を払って聴きに来てくれているファンへ『お前ら』なんて言える時代じゃなかったのでしょうね。ラジオでは言ってましたけどw 7月のあの日、この曲が終わって突然泣き崩れる3人の姿とともに大きく心に刻まれた一曲です。 (資料のUP主様へこの場を借りてお礼申し上げます) ]]>