3rd.アルバム『なみだの季節 』(1974.12.10発売)よりA面4曲目。ミキちゃんのソロが続きます。

いきなりタイトなドラムソロで始まるファンキーなアレンジとミキちゃんのキュートでどことなくあどけなさが残った歌声がマッチして実にいい感じです。

作詞:千家和也 作曲:穂口雄右

ご存知のように、後にランちゃんセンターでブレイクする事になるキャンディーズですが、こういう曲を聴くと、この頃は玄人受けするミキちゃんセンターを模索していたのではないかなと個人的には妄想するのであります。

マルベル堂90周年記念企画 完全保存版 キャンディーズ プロマイドから微笑がえし 464カットすべて掲載

田中好子メモリアルブックありがとう、スーちゃん