〒639-0252
奈良県香芝市穴虫3134-1-69
ピアノ調律・修理『工房ぴあの』
0745-76-4361

お問い合わせ

    このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ● 24時間以内に返事がない場合は、最下部のコメント欄にてお知らせ下さい(コメントは公表されません)

    ● 携帯電話の方は、PCメール受信許可の設定、またはドメインkouboupiano.com の受信許可設定をお願いします。

    ● 警告などが出る場合は『その他の連絡方法をご利用ください』

    その他の連絡方法

    メール : ここをクリックするとメールアプリが開きます
    Facebook『工房ぴあの』
    Skype:kouboupiano
    LINE ID:@xiz8447m

    以下携帯番号にて
    Face Time Audio
    WhatsUp
    +メッセージ

    ピアノの本当の名前

    ピアノの正式名称ってご存知でしょうか?

    『ピアノ』は略称で正式にはイタリア語で『クラヴィチェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ』と言います。

    『クラヴィチェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ』は『強い音も弱い音も出せるチェンバロ』という意味で、略して『ピアノフォルテ』さらに略して『ピアノ』と呼ばれるようになりました。イタリア語、英語、フランス語、そして日本語では『ピアノ』と呼びます。
    またドイツ語では『ハンマークラヴィーア』略して『クラヴィーア』や『フリューゲル(主にグランドピアノを指す)』と呼ばれます。

    現代ピアノの基礎となる楽器は、イタリア人楽器製作家バルトロメオ・クリストフォリが1700年代に製作したと伝えられています。

    下の動画は、復元されたクリストフォリのピアノです。現代ピアノと比べると鍵盤の数も少ないし、音色もチェンバロに近いですね。このような古いタイプのピアノを現代ピアノの『ピアノフォルテ』と分けて『フォルテピアノ』と呼ぶことがあります。