人工内耳の青年がミュージシャンを目指す

2020年1月14日 by Piano in Music & Art

聴覚障害を持つ15歳の青年カムデン・ムーア(Camden Moore)君がミュージシャンを目指し、懸命にピアノに向かっているというアメリカからのニュース。

【広告】


カムデン君は2歳で聴力を失い始め、4歳までにすべての聴力を失い、人工内耳を装着しました。彼の母は音楽大学出身で、彼に難聴があると聞かされた時に非常に悲しみましたが、今ではそれは間違いであったと語っています。

8歳から彼を見ているピアノの先生は『人工内耳はユニークであるが、それを教えている間に問題を引き起こさなかった。むしろ大きな問題は、じっと座っていられなかったこと』と笑いながら語ります。

人工内耳を装着後、彼は『全く新しい世界が私に開かれたが、私の耳はまだ正確に訓練されていなかったので、すべてがロボットのように聞こえました。すべてがぼやけて聞こえただけで、あまりはっきりしていませんでした』

彼の祖母は『音を正しく区別するためにピアノを学ぶべきだ』と決め『ピアノは間違いなく私を助けました』とカムデン君は言います。

彼は自分を障がい者とは見なしていないと言います。テクノロジーに感謝し『人工内耳はいつでも好きな時に音を消すことができるので、特に兄弟と議論しているときは本当にいいことです』と語りました。

参照記事
Being deaf is no obstacle for Akron teen who plays piano



Blog Ranking

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ

【広告】

Leave a Reply

atelier piano  /  Blog  /  Music & Art  /  Current Page