『動いていないように見えても』

2019年6月14日 by Piano in Music & Art

今週のNHK朝ドラ『なつぞら』内でそんな台詞がありました。

【広告】


Photo by Siniz Kim on Unsplash

同じ絵を何枚もトレースし、重ねてみてもきれいに重ならない。がっかりする主人公のなつ(広瀬すず)に向かってこう一言。

『動いていないように見えても絵は微かに動いています。これが絵に命を与えます』

NHK『なつぞら』より

これ、音楽にも言えます。

単音。例えばピアノでポーンと1音だけ鳴らすとしましょう。

ピアノは3本の弦で1つの音が鳴っていますので、きれいにユニゾンが合っていれば、1つのきれいな音が鳴り、減衰して、やがて消えていきます。

でもこれ、実際は音程や音量も細かく上下しているし、その幅や波も減衰とともに変化していきます。弾き方や調律によっても変わる。

それがなければただの電子音と同じ。それが音に命を吹き込んでいる。『歌うような音』とはそういうことです。

指一本、単旋律でも、もう既にそれは『音楽』
まずはそこから始めてみませんか。

Tags:


Blog Ranking

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ

【広告】

Leave a Reply

atelier piano  /  Blog  /  Music & Art  /  Current Page