10秒で分かるアメリカ版『グッド・ワイフ』(ネタバレあり)

2019年4月1日 by Piano in Diary & Opinion

アメリカ版『グッド・ワイフ』全7シリーズを一気観しました。10秒でわかるあらすじと日本版との比較。

【広告】


ケイリーとのアソシエイトの座に勝利
ウィルと深い仲に
ケイリーと独立する
ウィル死亡
再びダイアンと合流
州検事長に当選するも辞任
再びダイアンと合流
ジェイソンと深い仲に
夫も恋人も友人恩人も失う
前を向いて歩き出す姿で終了

日本語版と違いまぁまぁドロドロなグッドワイフ。夫の過去の浮気にはブチ切れするも人目をはばからず浮気するグッドワイフ。結局最後は何もかも失ってしまうグッドワイフ。それでもキリッと前を向いて歩き出すシーンで終了となります。信念を貫き通す強い女性と見るかどうかで作品の評価は分かれそうですね。

毎回1話完結の裁判ネタもアメリカが抱える闇や時事ネタを反映していて面白い。

日米登場人物の比較と設定の違いエピソードは以下の通り。

アリシア・フロリック – 蓮見杏子(常盤貴子)
夫が起訴後、専業主婦から弁護士に復帰する設定は日本版と同じ。弁護士事務所ロックハート&ガードナー(以下L&G社)に一つのアソシエイトの席を回ってケイリー・アゴスと争うことも同じ。後にケイリーと共にフロリック&アゴス社(以下F&A社)を設立。ウィルとは敵対関係になるが、ウィルが凶弾に倒れたあと再びダイアンたちと合流する。その後、州検事戦へ立候補し当選するがスキャンダルにて辞任。再び弁護士へ戻り、妻として知事選へ立候補した夫のために仮面夫婦を演じることに。調査員のジェイソンと恋に落ち共に歩むことを決意するが。。。

ピーター・フロリック -蓮見壮一郎(唐沢寿明)
日本版では女性ジャーナリストとの不倫ですがアメリカ版ではコールガールとの浮気設定。しかも日本版では肉体関係はなかったのですがアメリカ版では19回もベッドを共にしていてガチ浮気。逮捕収監された後に州検事長に返り咲き、知事にも当選。その後大統領選挙にも挑戦するも落選。知事としてもスキャンダルにて辞任。

ウィル・ガードナー – 多田征大(小泉孝太郎)
アリシアとは法律学校での同期。想いを寄せている設定は日本版と同じ。ただアメリカ版ではアリシアが夫との別居中に肉体関係を持ってしまう。ピーターにも知れることとなり複雑な関係に。アリシアの独立を巡って険悪な関係になってしまう最中、裁判所内で起こった乱射事件に巻き込まれて死亡してしまう。

ダイアン・ロックハート – 神山佳恵(賀来千香子)
ウィル・ガードナーとともに弁護士事務所ロックハート&ガードナー(以下L&G社)の共同経営者。ピーターから最高裁判事の推薦を受ける予定が寸前にボツに。ウィル亡き後、同僚のデビット・リーとルイス・ケニングの乗っ取りにより共同経営者を追われることになり、フロリック&アゴスと合流することになる。

ケイリー・アゴス – 朝飛光太郎(北村匠海)
アリシアとの正規雇用の勝負に負けて退職、ピーターに声をかけられて検事局に。異例の速さで上り詰めるもスキャンダルで失脚。L&G社に再び雇用されるが、アリシアとともに独立、F&A社を設立するが、検事局時代のスキャンダルのため起訴される。

カリンダ・シャルマ – 円香みちる(水原希子)
調査職員という設定、過去にピーターと1度だけ肉体関係があった、元夫からDV被害の設定は日本版と同じ。バイセクシュアルでありFBI捜査員(女性)との肉体関係もあり、ケイリー・アゴスとも深い中になる。起訴されたケイリーを助けるために麻薬王が不利になる証言、報復を恐れて姿を消す。

グレン・チャイルズ – 脇坂博道(吉田鋼太郎)
ピーターが女性スキャンダルで州検事長の座を追われた後に検事長に就任。ピーターを陥れることに躍起になるが、ピーターが釈放後に座を追われることになる。

ルイス・ケニング -三栗谷剛(春風亭昇太)
車椅子弁護士の三栗谷剛は、アメリカ版ではマイケル・J・フォックスが演じています。ご存知のように実生活でパーキンソン病を患っているマイケルはドラマ内の設定でも遅発性ジスキネジア患者ということになっています。日本版ではそれほど重大な役ではないですが、アメリカ版ではダイアンが去りウィルが亡くなった後にG&L社を乗っ取る形で経営者の一人となります。彼が演じるキャラの評判も良かったのでしょう、結局シーズン7まで出演が続きます。マイケルの悪役っぷりが結構面白い。

アメリカ版のみに登場の面白い登場人物。

イーライ・ゴールド
ピーターの政治コンサルタント。州検事局長、州知事選や大統領候補戦での選挙参謀を務める。元嫁がビンラディンの親戚と寝たというシュールな設定。リアリストで冷淡な一面もあるが、実は優しい心の持ち主である一面も持ち合わせる。アリシアが州検事長の立候補で個性的な娘が私設秘書を務めることになる。

エルズベス・タシオニ
かなりコミカルで変人なのだが弁護士としての才能は天才的な女性弁護士。アリシアの窮地を何度も救っていて一目置かれている。彼女の存在はかなり面白い。

その他
典型的なアメリカの保守派のピーターの母親や、全く逆で破天荒で性に対してもおおらかなアリシアの母親、ゲイの弟などユニークなキャラクターも面白い。個人的には娘のグレースがシーズンが進むにつれ、どんどん美しくなっていく様子を見るのも楽しい。

さて、スピンオフドラマ『グッド・ファイト』でも観るか。

Amazon Prime Videos
グッド・ワイフ (吹替版) シーズン1

Tags:


Blog Ranking

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ

【広告】

Leave a Reply

atelier piano  /  Blog  /  Diary & Opinion  /  Current Page