今年一番泣いたかも。映画『カノン』雑感

2018年12月24日 by Piano in Diary & Opinion

富山、金沢、東京を結ぶ家族の絆のピアノ三重奏。重い内容で家族で楽しめる内容ではないですが、ピアノも大きく絡んできますので観ておいて損はないです。

【広告】


2016年公開で、出演者は3姉妹役で比嘉愛未、ミムラ、佐々木希。母親役で鈴木保奈美。多岐川裕美、桐山漣ほか。監督は雑賀俊朗。脚本は登坂恵里香。ピアノのスポンサーは河合楽器です。

三姉妹の異常なまでの美しさに加え、鈴木保奈美の鬼気迫る演技は圧巻。

子供側すなわち若い人から見るとこの親は毒親にしか見えないのかもしれませんが、親側から見るとこの母親のどうしようもない気持も痛いほど伝わってきます。

子育ては取り返しようのない後悔の連続です。

追伸
小学校で虐待が疑われる生徒のシーンからパンを大量購入してるシーンへの繋がりが不自然のような気がしますが、カットされてます?

Amazon Prime Video
カノン

Tags:


Blog Ranking

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ

【広告】

Leave a Reply

atelier piano  /  Blog  /  Diary & Opinion  /  Current Page