コール・ポーター所有のピアノを修復。中から出てきたものは

2018年12月17日 by Piano in Music & Art

アメリカの偉大な作曲家の一人コール・ポーター(Cole Porter 1891 – 1964)が所有していたスタインウェイピアノの修復が進められているようです。解体されたピアノの内部から出てきたのは。。。

【広告】


Photo by Finn Gross Maurer on Unsplash

『Misty Please』と書かれた紙の小片。おそらくリクエストメッセージでしょう。

このピアノは1930年代半ばから1964年にウォールーフ・アストリアに住んでいた時にコール・ポーターが所有。このピアノから数々の名曲が生み出されました。彼の死後はウォルドーフホテルのロビーに2017年まで設置されました。

ちなみに『Misty』の作曲者はコール・ポーターではなくエロル・ガーナー(Erroll Garner)です。

参照記事
Delightful, De-Lovely and Deconstructed: Cole Porter’s Piano Is Being Rebuilt



Blog Ranking

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ

【広告】

Leave a Reply

atelier piano  /  Blog  /  Music & Art  /  Current Page