ブランドマーク(文字)の青サビ

2018年11月12日 by Piano in Piano & Work

多くのピアノの蓋の部分にブランド名が書かれていると思いますが、印刷ではなく真鍮などの金属を文字の形に切り抜かれて制作されてます(一部の器種除く)。金属なので最初はピカピカな文字も経年によってサビてきます。

【広告】


サビも酷くなってくると厚みを増し、次第に文字盤が浮き出てしまい、最後にはポロッと取れてしまいます。そうなる前に適切に処置してあげなければなりません。取れてしまうと修理は塗装ごとやり直しとなりますので費用は膨大です。

茶色い間はまだ良いのですが、青く立体的にサビが出ているようなら担当調律師へご連絡ください。

光の加減でわかりにくいですが、処置前は完全に青錆が浮き出ていて、指でなぞるとザラザラとした感触が伝わってくる状態です。

Tags:


Blog Ranking

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ

【広告】

Leave a Reply

atelier piano  /  Blog  /  Piano & Work  /  Current Page