バスダンパーペダル作動風景

2017年11月6日 by Piano in Piano & Work

本日お伺いしたスピネットピアノのお客様の小学3年生のお孫さんから『真ん中のペダルは何?』との質問がありました。

【広告】

アメリカ製(またはアメリカ向け)のスピネットピアノの真ん中のペダルは、日本向けのものと違い低音部のみダンパーが解放される『バスダンパーペダル(ベースダンパーペダル)』が採用されていることがあります。おそらく他のお友達の家のピアノの真ん中のペダルを踏むと音が小さくなる(弱音ペダル)なのに、家のピアノは小さな音にならないので不思議に思っていたんでしょうね。

一部のアップライトピアノには、真ん中のペダルがグランドピアノと同じ『ソステヌートペダル(サスタニングペダル)』のものがあることも以前に書きましたね。

  • スピネットピアノ→アクションが鍵盤より下に設置されているピアノ
  • コンソールピアノ→アクションが鍵盤の上に直接載っているピアノ
  • アップライトピアノ→アクションと鍵盤の間に距離がありポストワイヤーなどが介在されているピアノ


Photo by NeONBRAND on Unsplash



Blog Ranking

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ



Leave a Reply

atelier piano  /  Blog  /  Piano & Work  /  Current Page