アシドフィルス菌を試してみる

2017年7月16日 by Piano in Ulcerative colitis & Health

ヒトの口腔や腸内など様々な場所に存在し、腸内でのビオチン生成をサポートする働きがあると言われているアシドフィルス菌の錠剤を注文してみました。

【広告】

購入したのはNOW社のGr8 ドフィルス。アメリカンサイズのわりと大きめ

アシドフィルス菌そのものは、現在服用しているビオフェルミン錠剤にも含まれているようですが、ビオフェルミンの場合、腸内に届くまでにほとんど死滅しているらしい(死菌でも効果があるとのこと)ですが、生きたまま腸内に送り届けるためのカプセルに入れられているタイプのものも試してみます。

これで現在服用中の乳酸菌は、医師から処方されているビオフェルミンに加えビヒダスBB536とアシドフィルス菌となります。節約のためにビヒダスとアシドフィルスは交互の摂取にしますけど 😛

Amazon
GR-8 善玉菌ミックス(プロバイオティクス) 海外直送品

楽天市場
【1万円以上で10%OFFクーポン配布中!】【ポイント8倍】Gr8 ドフィルス 120粒/NOW正規販売代理店■P80810【8/28(月)9:59迄】



Blog Ranking

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ



Recommend Artist

Alice Sara Ott Kaori Muraji

Leave a Reply

atelier piano  /  Blog  /  Ulcerative colitis & Health  /  Current Page