ピアノ線コイルの密着

2016年1月20日 by Piano in Piano & Work

チューニングピンにピアノ線が巻きついている部分をコイルと呼びますが、三重に巻かれたコイルは密着していなければなりません。ところが先日お伺いしたお客様のピアノはその密着の具合がどうも。。。

【広告】

コイルが離れてしまっています(左)
一旦張力を緩めてからコキ揚げと呼ばれる道具を使い一気に引き上げます(中)
ぴったり密着させて弦を差し込む穴が少し見える位置へ調整(左)

IMG_1738

よく見るとこのピアノ、全体的に密着が甘いです。

IMG_1739

密着もそうですが、弦の巻き始めの位置(穴の位置)がどの方向を向いているか等も規定があるんですよ。

アップライトピアノでは、それほど気にする必要はないですが、一番最初の写真ほどバラけているのはやはり直した方が良いですね(とはいえこのピアノは全部修正しましたよ)。

Tags:


Blog Ranking

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ



Leave a Reply

atelier piano  /  Blog  /  Piano & Work  /  Current Page