フォント探しの旅 タイプライター編

2015年3月29日 by Piano in Mac & Computer

タイプライター系フォントを探す旅に出てます。

【広告】


私は、経費節約のために名刺は市販の名刺用ラベル用紙にプリンターで印刷しているのですが、プリンターの性能が向上したとはいえ印刷屋さんに注文したものと比べると、どうしても文字の鮮明さは印刷屋さんには敵いません。

( ゚o゚)ハッ!

持った湯呑みをばったり落とし、小膝叩いてにっこり笑い、ある日突然気がついた。だったら、それを逆手に取って、最初からインクがちょっと滲んだ感じのタイプライター系フォントなら、良いのではないかと。

Rough Typewriter
スクリーンショット 2015-03-28 18.42.30

USIS 1949
スクリーンショット 2015-03-28 18.46.55

Ana’s Rusty
スクリーンショット 2015-03-27 16.49.41

1942 report
スクリーンショット 2015-03-27 16.47.18

和文はちょっと難しいですよね。DFP隷書体などを加工して使うか。
DFP隷書体

一番上の Rough Typewriter が良い塩梅の崩れ具合で、DFP隷書体との組み合わせも案外違和感ないですね。

しばらく探してみます。

Tags:


Blog Ranking

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ

【広告】

Leave a Reply

atelier piano  /  Blog  /  Mac & Computer  /  Current Page