メジャーでもないけどマイナーでもない、おすすめのピアノ曲

2015年2月7日 by Piano in Music & Art

誰もが知っているメジャーな曲でもないけれど、知っている人は知っている、それほどマイナーな曲でもない。そんなピアノ曲をご紹介していくシリーズ。第1回目はジャズ編その1です。

【広告】


だれでも知っているジャズピアノの名曲といえば、やはりビル・エヴァンスの『Waltz for Debby』を真っ先に持ってくる人は多いと思います。私もその一人ですが、今回ご紹介するのは、キース・ジャレットが演奏する『My Wild Irish Rose』です。メジャーでもなければマイナーでもない、まさに今回の企画にピッタリの1曲。

この曲は、キースが奥様(お名前がRoseさん)に捧げた「Melody At Night, With You」(1998)に収録されています。お名前が曲名の Rose にかかっているんですね。張り詰めた緊張感が多いキースの演奏の中でも、どことなく安堵感が漂う演奏は奥様への愛なのか。

私が好きな変ホ長調で演奏されていることも、この曲をおすすめする一因でも有ります。シッポリと心の中に染み入ります。

調べてみると、キースには珍しくベーゼンドルファーで演奏されているようですね。深みがある艶が心地よいです。キースのあの声が苦手な人も大丈夫。

では演奏をお聞きください。

ちなみにこの曲は元々、演劇のために書かれた曲(歌)なので当然歌詞もあるんですよ。

以上、如何でしたでしょうか。第2回があるかどうかは例によって不明です。

iTunes Store
The Melody At Night, With You
キース・ジャレット

Amazon

The Melody At Night, With You

楽天市場
The Melody At Night, With You – キース・ジャレット



Blog Ranking

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ

【広告】

Leave a Reply

atelier piano  /  Blog  /  Music & Art  /  Current Page