あの『ピアノマン』が演劇に

2014年10月25日 by Piano in Music & Art

覚えていらっしゃるでしょうか。今を去ること10年ほど前の2005年、イギリスにあるシェピー島の海岸にひとりの若い男性が打ち上げられました。彼は記憶の殆どを失っていましたが、ピアノを前にした時おもむろに弾き始め、いつしか彼は謎の『ピアノマン』として世界中に知られるようになり、日本でも大きく報じられました。

【広告】

Piano Man, named as Andreas Grassl

あれから10年。ロンドンの劇団が彼のストーリーを演劇として舞台で発表するようです。

ピアノマンのその後はあまり知られていませんが、ドイツ人であることが判明し、現在はバイエルンに有る家族の農場にて暮らしているそうです。20歳の頃に心の病を抱えていた彼は、イギリス行きのフェリーの切符とケント行きの列車の切符を手に入れたが、その後なぜシェピー島の海岸に打ち上げられていたかの記憶は今も無いようです。

参照記事
Piano man story to be told by London theatre company, 10 years on

Tags:


Blog Ranking

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ



Leave a Reply

atelier piano  /  Blog  /  Music & Art  /  Current Page