その後の『看板の無い糠漬け屋』

2014年6月17日 by Piano in Diary & Opinion

さて、その後の『看板の無いぬか漬け屋』ですが、キュウリに大根、茄子、人参などと、ひと通り漬けた後、容器をビニール袋からタッパーへと昇進させました。

【広告】

最初1kg有った糠床も少なくなってきましたので、追加の糠床を注文しました。少々酸味が出てきたので、湯で卵の殻を薄皮を根気よく取って、細かく粉砕した物を投入しました。ついでに旨味を出すために昆布を1枚投入。

青瓜のぬか漬けは、胡瓜ををサッパリとしたような味で、サクサクとした食感が楽しめます。
青瓜の糠漬け

エリンギと舞茸のぬか漬けは、ご飯のお供と言うよりは、酒のアテにピッタリ。きのこ独特の香りと糠の香りが入り混じり、なかなかの珍味です。
エリンギと舞茸の糠漬け

お漬物で気になる塩分も、自分で調節できるから良いですね。ほぼ毎日楽しめます。

Amazon

みたけ 発酵ぬかどこ 1kg

発酵ぬかどこ 補充用 250g

Tags:


Blog Ranking

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ



Recommend Artist

Alice Sara Ott Kaori Muraji

Leave a Reply

atelier piano  /  Blog  /  Diary & Opinion  /  Current Page