何のためにピアノを習っているの?

2012年9月12日 by Piano in Diary & Opinion

最近は大人のためのピアノレッスンをされている方が非常に多く、口々に「ボケ防止のため」と仰られますが、面白い記事を発見しましたので要約してみます。

【広告】



参照記事:Piano for Body, Mind and Soul

身体、心、魂の健全な維持に音楽は欠かせません。その中でもピアノを演奏することがあらゆる年齢の人々に大きな良い影響を与えることが近年の研究によって明らかになっています。

元ハワイ大学アーサー・ハービー博士によると「ピアノを弾くことで小脳を起動させて、脳卒中犠牲者が言葉遣い機能を回復するのを援助するかもしれません。グループ・キーボード・レッスンがヒト成長ホルモン(HGH)の濃度を上昇させることに重要な影響を及ぼすことを研究は明らかにしました。そして、それは骨粗鬆症、エネルギーレベル、しわ、性的な機能、筋肉、うずきと痛みのような老化現象を遅らせることに関係します」と発表。またミッチェル・ゲイナ医師は彼の著書「Sounds of Healing」で心拍の安定、血圧の安定、免疫反応の増加が確認され、音楽が不安の減少や心臓や呼吸率に治療的な身体的影響を持つことが証明されたと記しています。

もちろん子供たちにもピアノを弾くことは脳の発達に大きな影響を与えます。子供たちの微細運動技能を鋭くする、認識で知的な能力を高めることを確認(ハービー博士)。ピアノを弾くことは頭を良くすると言って良いでしょう。

研究により、音楽のトレーニングが空間知性と数学で使われる脳機能の類似した領域を利用することが証明されています。また、十代を通してピアノを弾き続ける子供は、SAT(アメリカの大学進学学力試験)に関して平均100ポイントのより高い成績を残しているそうです。1994年の研究データによると音楽専攻の大学生の医学部への受給率は66%に達していたそうです。

2011年にミシソーガのトロント大学のE.グレン・シェレンベルク氏の研究において、132人の1年生を4つの別々のグループに分け、1つのグループは歌のレッスン、1つは演劇レッスン、もう1つはピアノ・レッスン、そして、最後は何もしないグループ。1年後にIQテストを実施したところ。他のグループが最高でも4.25の増加なのに対し、ピアノ・レッスンに参加した人々はIQが7ポイントの増加。ピアノ・レッスンが長い期間の間集中することを第一に要求するという事実がピアノを演奏しているグループでより大きなIQ増加に関与すると、研究者は結論付けています。

バリー・ビットマン博士は、32人のボランティアの間でストレス・レベルを測定するために、彼らに難しいパズルを経験させた後、雑誌を読んだり、キーボードを演奏することを含むいろいろな異なる方法を使用して休息。その後、45のストレス関連の遺伝子の血液検査を実施。結果はキーボードを演奏したグループにおいて、他のグループでよりストレス関連の遺伝子のマークが高い逆転を示しました。博士は「健康的な栄養と運動を含む他のライフスタイル戦略とともに、気晴らしの音楽制作は、合理的なストレス縮小活動として有効である」と結論づけています。

いかがでしょう。

何のためにピアノを習うのか、習わせているのか。ここに書かれていることは、ほんの一面でしかありませんが、少しはヒントになりましたでしょうか。



Blog Ranking

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ

【広告】

Leave a Reply

atelier piano  /  Blog  /  Diary & Opinion  /  Current Page